TopPage
広尾カイロプラクティックオフィス-Hiroo chiropractic ofice
広尾カイロプラクティックオフィス-Hiroo chiropractic ofice ホーム 当院のご案内 施術のご案内 料金 ご予約 スタッフ アクセス 広尾カイロプラクティックオフィス-Hiroo chiropractic ofice
2014.12
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
営業時間
  • 平日:10:00〜20:00
    土曜:10:00〜17:00
    休診:日祝日
    カレンダーの  が休診日です
お問合せ


Information
RSS1.0
RSS2.0
ATOM0.3
当サイトはMacromediaFlash(無料)を利用しています
当サイトはAcrobatReader(無料)を利用しています

広尾カイロプラクティックオフィス
スタッフブログ    

  2014年12月12日


スタッフブログ 損傷しやすい肩関節

肩関節は、とても可動性の高い構造をしています。
しかし高い可動性を得るために安定性が犠牲にされ、
損傷しやすい構造でもあります。
肩関節において運動時の安定性を保つために働く筋肉は4つあり、
まとめてローテーター・カフと呼ばれます。
これらの筋肉は小さく、4カ所に付着することで
腕の回旋運動を可能にしています。
また力強く腕を使う時には、関節を正しく機能させるために
重要な役割を果たしているのです。
しかし筋肉が小さいため、反復性のオーバーヘッド動作(投球動作や水泳)
において適切な機能を維持するためには、
十分な筋力や筋持久力が必要となります。
これらが不十分であったり、筋疲労がある状態で運動をすると
筋肉が損傷して、痛みを伴った可動域制限が出る事があります。

運動後に腕が上がらなくなったり、
肩関節に動作時の痛みが出るような状態は要注意です!
もし数日経っても回復せず、状態が悪くなる場合には
早めに治療する事をお勧めします。
私たちのオフィスでも施術の対象となりますので、お気軽にご相談ください。

※「身体運動の機能解剖」より一部抜粋


住田
Up — posted by 広尾カイロプラクティックオフィス − 広尾カイロ @ 05:55PM